京焼・清水焼の製造過程~玉湯呑ができるまで

京焼・清水焼とは

陶葊の定番商品である「玉湯呑(たまゆのみ)」を画像とテキストで行程ごとに説明しています。京焼・清水焼がひとつひとつ大切に、手間ひまをかけて製造している様子をご覧いただければと思います。

玉湯呑が出来るまで

製造工程 画像1 土もみ

やきもの作りは土もみから始まります。土をよく練ることによって、中に入っている空気を抜き、土の硬さを均一にすることで品物のひずみや切れを防ぎます。

 

製造工程 画像2 水引き(ロクロ)

ヘラ・ダンゴコテと呼ばれる木製の道具で内側のカーブを整え、トンボという竹製の道具で器の大きさを確認します。造形(かたち)の良し悪しが決まる、重要な作業です。

 

製造工程 画像3 削り上げ(ロクロ)

水引きした器は、数日間陰干ししてから削ります。シッタと呼ばれる台をロクロに据え、品物を逆さにかぶせて回転させながら、金属製のカンナや竹ベラで高台を削り出して仕上げます。

 

製造工程 画像4 化粧掛け

その後、白い土を水で溶いたもの(化粧泥)を生地に掛けます。桶にためた化粧泥に素地を浸す方法や、刷毛や筆で塗る方法などがあります。化粧掛けは、本来鉄分の多い土を白く見せるための方法でしたが、陶葊ではひとつの装飾技法として、また絵付けの発色を鮮やかにするために行っています。

 

製造工程 画像5 素焼き

完全に乾燥させてから700℃~800℃で焼成します。

 

製造工程 画像6 下絵付け

焼きあがった素地に骨(こつ)書きとよばれる線描きをします。その後、陶葊独自の数百種類に及ぶ絵の具の中から色をのせていきます。陶葊では一人の職人が、ひとつの作品の下絵付けから上絵付けまで一環して行っています。

 

製造工程 画像7 薬掛け

下絵付けを終えたら釉薬を掛けます。

 

製造工程 画像8 本焼き

1230℃以上の高温で焼きます。現在陶葊では作品によって電気窯とガス窯を使い分けています。

 

製造工程 画像9 上絵付け

さらに焼きあがった素地に金彩・銀彩・赤絵などの上絵付を施します。これによって陶葊独特の鮮やかで深みのある絵が生まれます。

 

製造工程 画像10 完成

最後にもう一度窯で焼成し完成です。

 

 

* 玉湯呑の詳細、ご購入 →こちら

▲ページ先頭へ戻る