とうあんだより

― 工房より ~ 道具のはなし ―

陶あんのやきものは全て手作り、手描き。

ひとつひとつ微妙に違うのが魅力でもあります。

今回は器づくり、成形の時に職人が使っている道具をいくつか紹介いたします。

興味のある方は工房見学も受け付けておりますので、ぜひ本店にお立ち寄り下さい。

ダンゴ(コテ)・ヘラ

ロクロ引きは手だけでも形を作ることができますが、同じ形のものをたくさん作るときは、道具を使うと早く正確にできます。

側面の角を丸く仕上げているのが「コテ」で、京都では「ダンゴ」と呼ばれています。

まずダンゴで形を作り、側面にエッジをつけている「ヘラ」で形を仕上げ、内側を滑らかに整えます。

ダンゴ、ヘラは品物の形に合わせ、職人が木を削って作ります。

ダンゴ(コテ)・ヘラ

柄ゴテ

持ち手がついた「コテ」です。

細長い花入れや口のすぼまった壺など、内側に手が入らない品物を作るときに使います。

柄が長いと重心がぶれやすいので、力を入れてしっかり握ります。こちらも形は様々です。

柄ゴテ

トンボ

サイズを揃えるため、この「トンボ」で品物の径と深さを測って確認します。

形が竹とんぼに似ているためついた名前のようです。

しかし人間の感覚は正確なもので、熟練した職人はトンボを使わなくてもほぼ同じ大きさに作ることができます。

トンボ

カンナ

ロクロ引きした品物をある程度乾かした後、「カンナ」で高台を削り出し、外側を軽く削って表面を整えます。

柄の両端に鋼(はがね)の輪をつけた道具は「かきベラ」といい、柔らかい粘土やザックリ削りたい時に使います。

ロクロで回しながら品物にカンナを当てていくと、材木のカンナくずのようにスルスルと粘土が帯状に削られていきます。

カンナ

シッタ

品物を削る時、ロクロ台に据え付けた「シッタ」に品物を逆さにかぶせて固定します。

シッタは粘土を成形し乾燥させたもので、品物の形に合わせて職人が作っています。

シッタ

桟板(さんいた)

品物を乗せるのに使う板です。

作った品物を順次乗せていったり、一度にたくさんの品物を運ぶのにも便利です。

だから桟板は工房のいたる所に置いてあり、一体何枚の桟板があるかわからないほど。

持ち運ぶときは、ウェイターがお盆を持つように、肩の位置で片手に乗せます。

一見危なく見えますが、この持ち方が一番バランスがよいのです。

桟板(さんいた)

▲ページ先頭へ戻る