会社概要

会社概要(画像)

京焼・清水焼窯元・陶葊は大正11年、京都の東山泉涌寺(ひがしやませんにゅうじ)で創業しました。現在、本店の工房で製造にたずさわる職人は、成形や絵付けで約20人ほど。作業はすべて手仕事となっており、京都の窯元としては屈指の大所帯となっています。

 

本店があるこのエリアはもともと瓦の土がとれる産地でもあり、初代・土渕俊雄は伝統的な京瓦を作る京瓦職人でした。明治5年に創設された、日本最古の博物館・東京国立博物館の建物の日本館には、彼の作った瓦が使用されています。

また二代目の土渕這褘(ちかよし)も陶彫の作家で名を馳せています。

 

三代目・土渕善英はドイツで彫刻を学び、釉薬の研究にも長年取り組んできました。陶葊の手がける清水焼は、鮮やかな発色とほかにはない強度が特徴です。清水焼は本焼きをした上に絵をつける「上絵付け」で知られていますが、陶葊では釉薬を塗る前に彩色する「下絵付け」を採用。さらに1,200度という高温で焼くことで、強度のある清水焼を作ることに成功しました。高温で焼くと鮮やかな色味を出すのが難しいのですが、下絵に使う絵の具から開発することで、雅びな色味はそのままに傷つきにくさも実現。現在の陶葊の基礎となる技術を確立しました。現在は、四代目である土渕善亜貴が陶葊の当主となっており、多種多様な結晶の形が楽しめる「花結晶」を開発・確立いたしました。

会社名株式会社  陶葊
業種京焼・清水焼の製造・販売
代表取締役土渕  善亜貴
所在地京都府京都市東山区泉涌寺東林町38
電話番号075-541-1987
創業大正11年  昭和25年に株式会社に移行
資本金1000万円